オースタム > 家づくり

オースタムの家づくり

住む人の笑顔があふれる家でありたい。

オースタムの家づくり

大きく切り取った窓からたっぷりの光が降り注ぐリビングに、部屋中に心地良い風が流れるダイニング。

食事をしたり、1日の疲れを癒やしたり、家族団らんを楽しむのはもちろん、ゲストを招いたり、

ときにはひとり自分の趣味に打ち込む時間を持つことも。

家は、ほかの誰でもない自分たちの家族にとって「気持ちのいい」「暮らしやすい」が詰まった心地のいいものにしたい。

たとえば、森の中にいるように、きれいで、心地よい空気につつまれ、ストレスのない暮らし。

 

そのために必要なのは、快適な環境づくり。

 

 

そんな、暮らし方をデザインします。

  • Tシャツの家
  • 設計
  • 人とのつながり
  • 技術力・職人力
  • オースタムについて

設計

家をつくるときは、「家族の暮らし」を考えることが大切です。家族と過ごす日々を、暮らしを、そしてそれを支える家を、大切に、豊かにしていきたいという願いを女性一級建築士が叶えます。まずは、ご家族の夢・希望をたっぷりお話ください。ライフプランも含め、間取りの工夫から、インテリア、家具や設備の情報、家のトータルコーディネートを致します。一つ一つ丁寧に不安を解消し、生涯に渡り、安心の空間を二人三脚で創ります。

50年後も家族が笑顔で暮らせますように

  • 自由設計
  • 健康住宅
  • 心と身体にやさしい空間
  • パッシブデザイン
  • 家事動線
  • 高耐久性

今後の暮らしの中で、「エネルギー問題」というのは大切なテーマの一つです。熱・光・風などの自然エネルギーを利用し、機械だけに頼り切らず、快適に暮らす考え方「パッシブデザイン」。さらに、太陽光発電などのエネルギーを自宅で作り出し、消費するエネルギーと±0にする「ゼロエネルギー住宅」はこれからの家のカタチです。

 

住宅は住む人の健康にも影響を及ぼします。食の安全ばかりに気を取られがちですが、人はその10倍以上も多く、空気を摂取しています。空気を汚す原因として、人の呼吸・調理・湿気・ペット・化学物質・花粉・ほこり・黄砂などがあります。最近は気密性の高い住宅が増えており、換気がうまくできず汚れた空気が溜まりやすい構造となっているので注意が必要です。住まいの中の空気で注意すべき点は、「温度」「湿度」「清浄度」「気流」、この4つが空気の質を決める大切な要素。それぞれをバランスよく調節することで、快適な室内環境が実現します。逆にバランスを崩すと、カビ・ダニが発生したりして、家族の健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。特に子どもは、体重1kg当たりで比較した場合、大人の2倍近い空気を取り込んでいることがわかりました。また、空気の汚れは低いところに溜まりやすく、低い位置で空気を吸っている子どもへの影響が気になります。だからこそ、空気の質にこだわったファース工法を取り入れた「Tシャツの家」に住む幸せをおすそわけしたいのです。
また、最近は「健康寿命」とういう言葉を耳にすることも増えました。人が「健康で自分の力で生活していられる期間」という意味です。寿命がどんどん延びている反面、脳梗塞などでの後遺障害で、寝たきりや車イスでの生活の方も増えているというのが現実です。そんな中、慶應義塾大学の伊香賀教授などにより、高断熱住宅は健康に良い、という住まいと健康の関連性を明確にしようという研究がおこなわれています。今までの研究結果として、

 

*起床時の血圧が、断熱性が低い住宅よりも高い住宅の方が低い

*入浴時の心拍数が、断熱性が低い住宅よりも高い住宅の方が穏やか

 

などがあります。つまり、室温の変化が少ない高断熱住宅の方が体に掛かる負担が少ないので、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減できる、ということです。

私たちのような工務店が家を1棟建てることは簡単なことではありません。なぜならば、そこには常に建てた家への「責任」があるからです。私たちのモットーは、「50年後も家族が笑顔で暮らせるように」です。建てて終わりという建築会社が多いですが、そうではなく、建てた後、もっと言うと「50年後」も、建てた家に満足し幸せでいられる家づくりを考えています。

ご家族のことをまず一番に理解し、お互いに信頼関係を築くことから始め、お引渡し後も、お花見会などの恒例のイベントを通じてお客様とのコミュニケーションを大切にし、生涯に渡りお客様の住まいをサポートします。家を建てた後も会いたい≠ニ思えるお付き合いを大切にしています。

  • 保証・保険
  • アフターフォロー
  • 交流イベント

お気に入りのデザインと素晴らしい工法、しかしそれをカタチとして現実にするのは職人の仕事です。合理主義の世の中で、作り手都合で仕事が簡易化され、ぱっと見の良さと素人受けを狙い、利益率の高い建築会社もあります。オースタムの職人は、その対極にいるかのように、どんな時でもコツコツと手間を惜しまず仕事を進めてくれる、自慢の職人です。本当に良い価値のものを適正な価格でお届けしたいとの思いで、専属の大工を中心とし、技術力の高い匠の職人たちが、一棟一棟ハンドメイドでていねいに仕上げていきます。暖かい住まいをつくる技術・施工を学び、経験を積んでいます。手で触れるもの、目に見えるもの、現場で感じるもの、実際に見学会で確かめてください。